近くなった青森、そしてこれから。

keis

2010年12月4日、土曜日。
ついに東北新幹線が新青森まで全線開通に。

東京から青森まで、青森から東京まで、更に行きやすくなりました。
更にアクセスしやすくなった青森へ、いろんな人に来てもらいたいです。

わたし自身としては、帰省しやすくなったのですごく嬉しい。
そう思う理由として、「東京から青森市までまっすぐに行ける」ということ。
実家のある津軽地域との交通を考えると、新青森駅の誕生によって利便性は向上したのかな、と考えます。
実際に利用してみないとそこはわからないので、次回の帰省時には利用してみようと思います。

青森は、空気がおいしい。
空の青さが違う。
食べ物がおいしい。
そして、「温かみ」がある。

東京に住んでいるからわかる、わかってきた青森のよさ。
しかし、本州最北端の地・青森は、東京では思っている以上に無名です。

青森のよさをどう伝えていくか、そして青森に訪れてもらうか。
仕事・観光・商業、様々な面で活性化させていくためにどうしたらいいのか、東京とのレールが一本で結ばれた今これからが、勝負どころだなと思います。

One thought on “近くなった青森、そしてこれから。

  1. はじめまして^^
    確かにそうですね(^◇^)
    ハヤブサってやつにはまだのったことありませんが
    これで飛行機よりも新幹線のほうがいいかもって思うようになりました。

    新青森駅から出たときは一瞬どこかわからなくなりました・・・

Comments are closed.