行動変容から生まれるもの

keis

新型コロナウイルス感染症は、人々に多くの変容を与えるものとなった。
「行動変容」、この一言に尽きるだろう。

行動変容の影響

  • 仕事
    出張がかなり厳しくなってしまった。
    画面越しではなく、リアルな同僚に会いたい。
    リアル出社はいつできるのだろう・・・。
  • 生活
    外食を避け、常に消毒するようになった。
    消毒に関しては、以前よりあまり変化はない。
    「気がついたら」が「常に」になったくらい。
  • 娯楽
    映画館・ゲームセンター・長時間の買い物・旅行は皆無となった。
    何より、いつになったら実家帰省できるのだろう・・・。
    「感染拡大地をいかに安全に経由するか、滞在するか」にかかっている気がする。

あげてみると、意外にもあるものだと感じた。
当たり前が当たり前でなくなったものは、いつになったら「当たり前」になって戻ってくるのか?
そのための、行動変容である。
「今できないこと」を、「いつか再開できる」ように行動変容をしているのだ。
後ろ向きでいても何も変わらないし、最大限の努力をするのみだ。

今だからできることをする

アプリを作りたいな、と長らく思っていた。
個人的に欲しいアプリではあったが、今の状況を省みて感じた。
「タイミングは今だ」と。

今は、仕様確認をしつつ、設計をしている段階。
年内にリリースできたら、と淡い希望を抱いている。

計画段階でで考えておくべきこと

アプリを作る前に考えておくべきことは多い。
リリース後の計画を立てておかないと、空中分解し、思い描いた成長曲線は描けない。

  • 市場への展開(マーケティング)
    ターゲットにリーチするための戦略。
  • プロダクトのグロース
    アプリを成長させていく。作っておしまいではない。
  • 資金
    お金が回る仕組みを考える。お金は大事。

最後に、「やりたいを言いっぱなしにしない」

やりたいね、と言っていた約束が実現することはほぼない。
人間はサボりがちだから、できるときに行動する事が必要。
そう思い、年内にプロダクト化して、育てていけたらと考えている。

「行動を変えるデザイン」という本は、それを改めて教えてくれた。

行動するタイミングを逃したら、行動するタイミングを失う。
確かにその通りだと感じたから。