青森県がTwitter始めました。

青森県では、新たな情報提供手段として、 Twitter(ツイッター)による情報提供を開始しました。

via:青森県庁ホームページ

自治体では初の試みですね。

他にも、Blogパーツを配布するなど、青森県ホームページ上以外での、広報活動に力を入れている気がします。

今回の公式アカウント開設の意図について、青森県庁の企画政策部広報広聴課に電話取材をしたところ、「以前から、県外に向けてHPやRSSフィード配信などを活用して新しい媒体を用いた広報に取り組んでいた。最近話題のTwitterを使えば、さらに多くの人に県のお知らせを流せるのではないかと考えた」とのコメントが返ってきました。

via:はてなブックマークニュース

東京に住んでみると、初めてわかること。
それは「青森県の認知度の薄さ」です。
青森には、「ねぶた」以外にも観光資源はたくさんありますし、近年ではWebセミナーを県主宰で催すなど、イベントも充実してきています。
そういったところを認知させていくことが、地方の発展にもつながる。

そんな意味では、画期的なケースだと感じましたね。

CSS Nite in SENDAI. Vol.4、申し込み開始!

2009年8月22日(土)に開催される、CSS Nite in SENDAI. Vol,04
このたび、講師プロフィールおよび、参加申し込みを開始したコトをお伝えします!

講師陣:
* 阿部 淳也(株式会社ワンパク(1PAC. INC.)

* 兎内 淳一(株式会社ディー・エム・ピー
* 長崎 智宏(wowlab

* やまもと かずみち(有限会社アップルップル
「クライアントのための“a-blog cms”」

* 鷹野 雅弘(株式会社スイッチ

事前登録制ですので、参加希望される方はお早めに。
いまなら、8月8日(土)まで、早期割引実施中です。

お申し込みはコチラから。
mixiTwitterなどで、随時情報を公開していますので、参加希望される方は要チェックです!

選択は広がった。

6月27日土曜日。
CSS Nite 6度目の有料特別版となる、CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」に参加してきました。
昨年4月5日に開催された「MT4LP5」に続き、2年連続のCMS特集。
が、今回は国産CMSに焦点を宛てた催し、ということで、国内の名だたるCMSが集結していました。

既に、何人かの方々がレビューを出されているので、各CMSの性能や特徴などは省きます・苦笑
ココココをご覧くださいませ。

Read More

夏です!CSS Nite in SENDAIです!

宮城県内外から、東北各地のWeb関係参加者が集う、CSS Nite in SENDAI。

このたび、CSS Nite in SENDAI, Vol.4の開催日時が決定したことをお知らせします!

2009年8月22日土曜日、 エル・パーク仙台 スタジオホールで「CSS Nite in SENDAI, Vol.4」を開催します。
詳細は追って公開していきます

とのことですので、詳細が楽しみです。

キッカケでつながる、「ケイレキ.jp」はじまる。

ヒトが知り合うキッカケは、たくさんあります。
古くは、近所付き合いから。
最近では、SNSがその役割を果たしているといっても過言ではないでしょう。

で、新しいSNSサービス「ケイレキ.jp」が、ブルーブリッジ社からリリースされました。
友達が「中の人」ということもあり、リリース直後に招待してもらいました。
ありがとう!

そんなわけで、特徴とか使用感とか。

■参加方法は、招待制。
いまのところ、参加するためには既に参加済みのユーザーから招待メールをもらう、といった方法しかありません。
で、わたしは、もらった直後に、こんな日記を書いて招待者をつのりました(苦笑

[タイトル]ケイレキ.jp

友達が一部かかわってるぽく、いちはやく招待してもらった。

http://keireki.jp/

新しいサービスにギュンギュン興味ある方、触り倒してこれから作る新しいサービスに活かしたい方、「ロゴのケってなんなの?ケじゃなくてKのほうがよくない?」とか思った方などなど。
ご招待しますのでメッセなどくださいませませ。

まだまだ始まったばかりですので、「こうしたほうがよくね?」とか「○○機能つけたほうがいいよね?」とか「入力フォームユーザビリティ悪くね?」とか「Feedはいてほしいよね、関係ないけどカレーはチキンに限るよね!」とかそんな意見をいろいろいただけたらこれ幸いと思います。

てなわけで、先着でご招待いたしマッスル。

まずはこの段階で、
・コメントを頂いたWeb業界の方々
・某社の中の人(サービスといったらココ!ですよね的な、超独断と偏見。。。)
にお送りしました。
その後は、Twitter経由で送ったりしています。

■登録までの流れが簡単
携帯電話認証を含め、もろもろの手順を踏みます。
mixiよりは簡単だと思いました。
あと、携帯電話認証は、iPhone対応済みです。
入力エリアが小さく見えづらかったものの、iPhoneなら拡大できるので問題なし!

■実名で登録
Twitterやmixiなどとは違い、ほぼ全ユーザーが実名で名乗ってます。
以前リリースされた、「CU」とその点は同じですね。
日本国内のSNSとしては珍しい。。。

■ケイレキを入力してキッカケ探し
登録すると、「ケイレキ」を入力するフォームがあります。
本来は、職歴のみを掲載したりするケースを想定していたらしいですが、自身の○○した歴史、を掲載といった使い方もされています。
職歴だけがケイレキじゃない、自分が経験してきた歴史を書けばいいのだ、ということです、つまりは。
そこで新たなキッカケが生まれる、ということもあるでしょうし、意外なところでつながっているのかもしれません。

■マイページのデザイン
デフォルトは黄緑ですが、色変更が可能です。
数パターンテーマ色が準備されており、Adobe kulerで、自分好みの配色を作ることが可能。
とある方の「キッカケ」Postで気付いたのですが、このアイディアはすばらしいなぁ、と思いました。

■使用感
CU+Twitter+Facebook、というかんじ。
・「キッカケ」をつぶやける部分=Twitter
・「確かに!」という手軽なコメント機能=Facebook
・ケイレキ入力=CU

コメントしたいけど、いい言葉が思いうかばない。
そんなときに「確かに!」と手軽にコメントできる部分は便利だと思いました。

■「シッテル」と「シラレテイル」の2つの分け方。
自分のことを「知っている人」、自分が「知られている人」の数を見ることが出来ます。
このわけ方は、単純明快でおもしろいなーと思いました。

■改善してほしい点・希望点
・コメントを書き込むたびに飛んでくるメールは不要なのでは?(アーカイブ行きにしてしまっています)
・ブラウザ以外でも確認できる仕組みなど対応してほしい(例えばAPI的なものとか)
・モバイル対応してほしい。(iPhone含む、国内キャリア対応)

まず、モバイル対応はしてほしいなと感じました。
いつもPCに向かっているわけではないし、mixiやGREEのように、モバイルデバイスは、サービスの普及には欠かせないです。
ましてや「ケイレキ」を売りにしたサービスであるならば、POKENのようなツールにもなりえるはず。
ぜひ中の人には今後もがんばってほしいと思います。

Read More

UNIQLO CALENDER

UNIQLO CALENDER

UNIQLO CALENDER
ステキ、のひとこと。
遠景って、見ていても飽きずにいつまでも楽しめるのは何故だろう?
きっと、客観的に、自分たちが過ごしている時間を眺めることが出来るから、だと思う。

Blogパーツもなかなかステキなつくり。
ステキ、のひとこと。

ふりかえるサービス「NENPYO」リリース。

粛々と自分の年表を作り上げていくサービス「NENPYO(ネンピョー)」

書類やニッキなどを書く際に、「あれ?あのときどうだったけな?」「誰と何処にいったんだっけ?」
と思うときってありますよね?

そんなときに、TwitterなりLOGPIなりmixiなりBlogなりを見て、カバーしてたりするんですが、「年次」のみにしぼったシンプルなモノがあったらいいなと思ったりしていました。
それに特化したものってあるようでないなぁ、と。

で、そんなサービスが、ペパボdaiskipさんの手で、6月6日にリリースされていました。
Read More

インデントする?しない?

先週末あたり、Twitterで交わされていた話題。

「HTMLを書くとき、インデントする派?しない派?」

質問主さん曰く、結果は半々くらいだったそうです。

Read More

CSS Nite LP Disk 6「CMSリベンジ編」が開催されます。

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」(2009年6月27日開催)

日々、Web制作を行う上において、今や欠かせないツールのひとつとなっているCMS。
昨年4月5日に、Movable Typeに焦点をおいた「MT4LP5」が開催されましたが、今回は国産CMSに焦点を絞ったCSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」が、6月27日(土)に開催されます。

SOY CMSをはじめ、日本国内にも有能なCMSはいくつも存在しています。
Movable Type やWordPress といった海外産CMSと比べ、品質・拡張性は劣りません。
故、案件別にCMSを検討する機会があってもいいのではないでしょうか?

もちろん、私も参加いたします。
Twitter上で「@keis」で、当日はつぶやいていると思いますので、会場でお会いできましたら、よろしくお願いします。

CSS Nite in AOMORI 2009終了。ありがとうございました!

[flickrset id=”72157617342913101″ thumbnail=”square”]

CSS Nite in AOMORI 2009が、今年も無事終了しました。
ご来場された皆様、ボランティアスタッフの方々、講師の方々、ありがとうございました。

4/24。
翌日の本番のために前乗り。
4/25。
本番。受付とか控え室とか会場うしろのほうに配置してました。
高森さん、よいセッションをありがとうございました。
努力の賜物だと思います、まさに。
4/26。
弘前で花見&観光ツアー。
雪が降るなどというハプニングもありましたが、非常に想い出深い一日となりました。

正直なところ、今年はポスター・フライヤー制作しか協力できなかったことが非常に口惜しく思っています。
3月から体調を崩して、それが未だ完治に至ってないことなどがかなり痛いです。
来年はもっと精力的に活動したい。
WDHAなどのエントリーを見るたびに「あぁ、なにやってるんだろう?自分」と思うなどしたのも事実ですし。

そんなわけで、今年は耐え忍ぶ一年になりそうです。
来年に向けての準備を、粛々と。